ウェディングドレスの種類と選び方

結婚式というと、新郎新婦が純白の衣装を着用しておこなうものです。とくに花嫁は子供の頃からウェディングドレスを着用するのが夢だった、と答えられるかたも多いことでしょう。そこでここでは、ウェディングドレスの選び方を簡単に解説をしていきましょう。ドレスには大きく分けて2つのタイプに分けられます。ますひとつはボディ全体に柔らかいシルエットを出させる形で、一般的にはバルーンタイプと呼んでいます。この場合、全身を覆っているため肌の露出が極めて少ないという特徴があり、1800年代のイギリスでは婦人の正装用としても愛用されていました。2つ目が昨今主流のノースリーブタイプであり、肩の半分以上の肌を見せるものです。

ウェディングドレスの種類と選び方デコルテという三角形の形にもなってるのが特徴であり、ヘアメイクの際はあえてラメを含ませたファンデーションでデコルテにもメイクをすることがあります。選び方のコツをここでレクチャーすると、ボディ全体を見せたくないというときはバルーンの装いがおすすめです。あまり時代の流行に左右をされないのも魅力で、シンプルでありつつ清潔感を醸し出しているウェディングドレスともいえます。

有名デザイナーによるものも多数ありますが、それらのシルエットは非常に魅力的で日本はもちろんのこと海外でも高い評価を得られているほどです。ノースリーブのウェディングドレスだと、結婚式だけでなく披露宴や前撮りに活用ができるというメリットもあります。基本はホワイトの純白カラーですが、ピンクやイエローといった原色系の生地で製法をなされているものもあり、非常に大きな選択肢を備えているのが魅力です。デコルテが大きいこともあるので、大ぶりのコサージュやネックレスを用いるといいでしょう。

シルエットラインに関しては少し細身になるものが多く、おもにSからLサイズまでの寸法で用意をされているのもポイントです。どちらを着用する場合でも、シルエットを美しく見せるためにはボディ全体を整える下着を身につけるのをおすすめします。これはレンタル店で購入できるほか、デパートでも販売されているので試着の段階で持参をするといいでしょう。ウェディングは一生で一度きりしかないイベントなので、ご自身が納得できるものを選んで身にまとうのがベストです。2種類のタイプのどちらかを選ぶことになりますが、結婚式と披露宴で別々のデザインを取り入れるというのも一つの手としてあるので、念頭に置いておきましょう。