ウエディングドレスに似合う髪型・ヘアアレンジ 2022年最新

結婚式の花である花嫁は、ウェディングドレス選びに加えて髪型も非常に重要な要素になるので、どんなヘアアレンジをしようか悩んでいる方は少なくありません。そこで2022年最新のウェディングドレスに似合う髪型・ヘアアレンジを髪型にあわせてチェックしておくことで、自分にぴったりなヘアスタイルを見つけることができるようになります。

ウエディングドレスに似合う髪型・ヘアアレンジ 2022年最新

まずロング・ミディアムの髪型という場合には、花嫁の王道である「アップスタイル」が人気です。アップスタイルとは髪を結い上げたアレンジの総称であり、髪をくるっとナチュラルな仕上がりでまとめるふんわりとしたシニヨンが人気で、短い髪の毛ならば小さく、長い髪なら大きなシニヨンに仕上がります。

またシニヨンの高さによっても印象は大きく変化し、頭の高い位置にシニヨンを作るならば華やかでドレッシーな印象になり首周りがスッキリします。少し低めの位置でシニヨンを作る場合には、落ち着いていて品のある雰囲気に仕上がるのでウェディングドレス以外にも和装にもおすすめです。

他にも大きめに巻いた「お団子」や、髪を束ねてねじり上げる「夜会巻き」なども人気が高く、夜会巻きはうなじが見えるので女性らしく大人っぽい印象のウェディングドレスを選んだ時や、フォトウェディングでドレスと和装を兼ねる時などにもおすすめです。

「サイドアップ」は髪を頭の後ろでまとめずに顔の横に毛束を持ってくるアップスタイルで、ヘアアクセサリーや花飾りなどをプラスすることで華やか印象に仕上げることができますし、「ギブソンタック」は低い位置で結んだ毛束をその結び目に入れ込んでまとめるヘアアレンジです。毛流れがまとまるので見た目も美しく、クラシカルな印象のドレスにぴったりです。軽く巻いた髪でルーズに作るギブソンタックならば、ガーデンウェディングやフォトウェディングなどカジュアルな場面でもぴったりです。

ショートヘア・ボブの髪型という場合におすすめなのが、「ハーフアップ」です。ハーフアップは耳から上の髪だけをまとめるヘアアレンジなので、十分な髪の長さがないショートやボブの方でもセットしやすく人気があります。髪全体を巻いてからハーフアップにすれば、女性らしいキュートな印象に仕上がります。ボブほどの髪の長さがあれば、三つ編みを作ってハーフアップにするのも可愛らしく仕上げることができるのでおすすめです。

「編み込みスタイル」は髪を少しずつ編み込んで作るヘアアレンジで、短い髪でも編み込みのアレンジは取り入れやすいので全体的にゆるく編み込んだら、毛先を遊ばせたりヘッドアクセサリーをつけることで洗練された雰囲気に仕上げることができます。