結婚式の正しいお花の選び方

結婚式で花が必要な場所は、主にチャペルや披露宴会場での装花のほか両親からの花束やブーケ・ブートニアなどといったところでも使われます。新郎と新婦がそれぞれの式のイメージを装花で実現することが可能であるため、華やかさやきれいさを演出するには最適といえます。それだけに、挙式する時にはお花の選定には十分に注意する必要があります。
たくさんの花の種類がありますが一般的に結婚式において使われる花はまずは薔薇で、薔薇は挙式の定番ともいえる代表的な花です。特にブーケやブートニアでは定番であり根強い人気があります。人気の理由となっているのは好み・ドレス・会場などといった雰囲気に合わせて選べる点が大きなメリットです。


薔薇の花言葉は赤は愛することと情熱・白には純潔や尊敬などといった意味があり、組み合わせることによっていろいろなメッセージを出すことができます。黄色には嫉妬という意味もありますが、ほかに可憐やさわやかなどといった意味もありますのでそこまで選ぶ時に気にする必要はないでしょう。基本的にすべての季節で入手可能です。


教会での結婚式に使われるカサブランカも人気です。カサブランカは真っ白であり、大輪の花を咲かせます。華やかな雰囲気を演出したいときに適しています。こちらも、すべての季節で手に入れられます。威厳や純潔などの花言葉があります。


ガーベラは、色の豊富さと華やかさが魅力です。花の色を選んで組み合わせることで、かわいさを演出したり大人っぽさも引き出せます。神秘的や希望などの花言葉があり、花の色により意味が異なるのは薔薇と同じです。そのほか、トルコキキョウやシャクヤクなど色々な花が使われます。


正しい花の選び方は、挙式をあげる季節に合わせたものを使うことがまずは重要です。また、挙式のテーマにあった色のお花を選ぶことで、自分の思い通りのウエディングプランを演出することができます。結婚式のイメージや趣味などからテーマとなる色を決めておくと選びやすくなるでしょう。


お花の選び方で重要な要素は、もう一つあります。予算の都合によって削るところも出てくることはよくありますが、どこに装花を置いておくかには気を遣いましょう。できれば装花とブーケは別の種類の花にしておいたほうが、挙式の参加者にも好印象を持ちやすいのでおすすめです。ウエディングプランナーなどプロによるアドバイスを参考にしながら、最適な結婚式の演出を考えておくと良いでしょう。

Leave a Comment